各種健康保険・労災指定医療機関

神楽坂 肌と爪のクリニック

  • 「飯田橋駅」より徒歩3分
  • 予約制03-3513-8212

神楽坂「肌爪日記」クリニックブログ
カテゴリ:正しい医療知識

カイロ、湯たんぽに気をつけて! 低温やけどについて

  • 2015.12.01

先日、フジテレビの朝の情報番組『ノンストップ!NONSTOP!』さんから取材の依頼を頂き、低温やけどについてコメントさせていただきました。

イメージ 4

イメージ 5

毎年この季節になると、必ず増えてくる低温やけど。当クリニックでも今年も既に数名の方が受診されています

「ストーブの前でウトウトしてしまい、翌朝になったら突然水ぶくれになっていていました」などの方が多いです。
44~50度など心地よいと感じる程度の温度でも、長時間肌に作用することで出来てしまうやけどのことです。
特に多いものが、湯たんぽ

 カイロ

 です。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

今回のオールアバウトは、その低温やけどについてです。

http://allabout.co.jp/gm/gc/460617/

。そしてどうぞお気をつけください

小林製薬 フェミニーナ軟膏

  • 2015.07.07

さて私はオールアバウトのガイドをしておりますが、

今回、小林製薬さんのフェミニーナ軟膏のタイアップで、コメントさせて頂きました

本日より掲載開始されていますのでよろしければご覧ください





▼PC
http://allabout.co.jp/1/239278/1/product/239278.htm

▼SP
http://allabout.co.jp/1/239278/1/product/239278_s.htm



神楽坂 肌と爪のクリニック
http://www.hadatotsume.com/index.html

イメージ 1

オールアバウト ピアスに関して

  • 2015.03.25


。桜もちらほらと咲き始め、少しずつ春を感じる今日この頃ですがいかがおすごしですか。

今回のオールアバウトは前回にひきつづきピアスに関する記事です。ピアスの穴を開けたけれど、その後どうすればよいの?ケアは?次のピアス選びは?との質問におこたえして
『ピアッシング後の自宅ケアと正しいピアスの選び方』http://allabout.co.jp/gm/gc/452701/です。

イメージ 1

ピアス穴をあけて直後のケアを怠ると、その後のピアストラブルにつながります。
逆に穴を開けてから1年 くらいの間、より大切にケアを行い、ピアス選びを慎重にすることでその後のトラブルがぐっと少なくなります。
すでに穴を開けている方も、ピアス穴の洗い方なども書いておりますので参考にして頂けると幸いです

特にピアス穴がジクジクしている方などに見て頂きたいです!!!

神楽坂 肌と爪のクリニックhttp://www.hadatotsume.com

初めてのピアスの開け方とファーストピアスの基礎知識 ーオールアバウトーー

  • 2015.02.10

今回のオールアバウトの記事は
初めてのピアスの開け方とファーストピアスの基礎知識です。
初めてピアスを開けるとき、どこで開けたらいいの?どんなピアスを使うの?など分かりやすく
説明しておりますのでよろしければご覧下さい。

http://allabout.co.jp/gm/gc/450835/

肌と爪のクリニックhttp://www.hadatotsume.com

2014インフルエンザ予防接種

  • 2014.11.06

だいぶ寒くなり街中もコート、マスクを着けている方を多く見かけるようになりましたが、皆様体調はいかがですか。 今年も当クリニックではインフルエンザ予防接種を開始しております。 例年日本でインフルエンザは、12月から3月ごろに流行します。インフルエンザワクチンを接種してから効果がでるまで2週間程度かかりますので、今の時期のワクチン接種をお勧めします。 対象者;13歳以上 費用;3600円(税込み) 接種;1回接種 A型株2種B型株1種の3種類が含まれたワクチンです。 インフルエンザワクチンは接種すれば絶対にかからないというわけではなく、かかってしまった場合も、重症化を防ぐことができるものです。また、毎年受けたほうがよいかとのご質問もよく頂きますが、ワクチンの効果は接種後2週間~5ヶ月程度であること。また、その年ごとに流行が予想されるウイルスにあわせたワクチンとなっていることより毎年受けることをお勧めしております。ちなみに私も子供たちを含め家族全員毎年ワクチンを接種しております。 当クリニックは爪の診察などの方がほとんどなので、病院にいってカゼをもらってしまった~などということもありませんのでご安心ください。        

*申し訳ありませんが13歳未満の方は当クリニックでは行っておりません。また65歳以上の方の公費負担につきましても取り扱いはありません。

ミラドライ 多汗症 腋臭症

  • 2014.07.17

最近暑くなり、脇の汗やにおいのご相談が増えてきました。 オールアバウトに記事を書いておりますので、よろしければごらんください。  

ワキガ(腋臭症)の診断、予防、治療http://allabout.co.jp/gm/gc/442548/ 当クリニックでもミラドライによる治療を行っております。 

6月より毎週水曜日午前の部で中村先生(皮膚科専門医・女性医師)の外来診療を開始しております。経験豊かな素敵な皮膚科専門医の先生です。ご予約はお電話でお願いいたします。

耳の前に小さな穴‼︎ ー耳瘻孔についてー

  • 2014.04.22
当クリニックもこの春、おかげ様で6年目を迎えることができました。これからも、皆様に少しでもお役に立てるように精進してまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m❗️


さて、今月のオールアバウトの記事は耳瘻孔についてです。
聞きなれない病名だと思いますが、耳の前に生まれつきある小さな小さな穴のことで、100人に2~3人と比較的よくあるものです。


よかったら見て下さい^ ^
http://allabout.co.jp/gm/gc/441068/

漫画で登場させて頂きました!

  • 2013.07.05

もうすぐ七夕ですが皆さんは何をお願いしましたか


さて話は変わりますが、子供の頃に月刊漫画雑誌のリボンを読んだことはありますか?
今回、またまた8月号のリボン(集英社)に漫画で登場させて頂きました
。汗と上手に付き合うためには?ということで説明しております。
カナヘイさんの人気漫画、『女の子って。』です。

イメージ 1

似てますか?


可愛く描いて頂きありがとうございます

では、良い一日をお過ごし下さい

日焼け止め

  • 2013.06.05


梅雨入り宣言がうそのように暑い日が続きますが、紫外線対策はされていますか?


近年UVBだけでなく、シミ/しわ/たるみなどの肌老化

の原因となるUVAについても認知が広がり、
UVA もよりしっかり防ぎたいとのニーズが高まってきました。
そこで2013年1月より、UVA防止効果を示すPAの表示がこれまでの三段階表示から、
PA++++まで表示できるようになりました。
 PA+     効果があるPA++   効果がかなりあるPA+++   効果が非常にある PA++++  効果が極めて高い

 当院では今年はLA ROCHE-POSAYの日焼け止めをご用意しており、いずれもPA++++該当商品です


敏感肌や、お子様

にもお使いいただけます。

ご希望の方は声をかけてくださいね。

イメージ 1

UV対策

  • 2011.06.27

 あとすこしで梅雨が明けたら、今年もまた夏本番ですね

 今日は、ご相談が増えてきた日焼け止め・UV対策

についてお伝えしたいと思います。  日焼け止めは何を基準に選んでいますか?強さ、使用感、その他の成分etc…。
 紫外線には3種類ありますが、私たちが肌に浴びているのは、UVAとUVBのふたつ。UVAは波長が長く皮膚の深いところまで届いてしわ・たるみなどいわゆる光老化の主な原因になります

。一方UVBは波長が短く表皮まで届き、肌が赤くなったりと炎症を引き起こします。時には癌になることもあるんですよ

5月~8月のちょうどこの時期は、紫外線量がピークとなります。そこでUV対策として、紫外線の多い時間帯の外出をさける、帽子、サングラス

、日傘、日焼け止めを使用することが大切です

。  そして日焼け止めを手に取ったとき、私たちがよく目にするSPF値とPA値とは、 それぞれUVAとUVBを防ぐ数値を示したものなんです。 
【SPF】とはSun Protection Factorの略で、紫外線のうちUVBを防ぐ効果の目安です。何もつけないときに比べて肌が赤くなるのにかかる時間を何倍にできるか。UVBを何倍防げるかを表した数値です。1~50+までの表示があり、数字が大きくなる程効果が高くなります。
【PA】とはProtection of Grade UVAの略で、紫外線のうちUVAを防ぐ効果の目安です。+~+++まであり、+が多い程効果が高くなります。  これらの記載を参考に、あとはご自身の肌質やお好みにあった使い心地のよい日焼け止めを、日常生活、屋外でのレジャー、海水浴など目的に応じ使い分けたいものです

神楽坂肌と爪のクリニック 形成外科|腫瘍皮膚科|美容皮膚科
院長 野田 弘二郎(日本形成外科学会専門医)
副院長 野田 真喜(女性・日本形成外科学会専門医)
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂2-12-15 さわやビル2F
予約制03-3513-8212
●終日診療 △午前の部のみ診療 -休診
【平日】10:00~13:00/14:00~19:00
【土曜日】9:30~12:30/13:30~18:30
初診の最終受付は平日18:15、土曜日17:45となりますのでご注意下さい。
  日祝
院長野田 弘二郎
副院長野田 真喜(女性)
Access
◆JR総武線
「飯田橋駅」西口より徒歩3分
◆東京メトロ有楽町線、東西線、南北線
◆都営大江戸線
「飯田橋駅」B3出口より徒歩3分

当院には駐車場はございません。お車の場合は飯田橋駅ラムラ地下駐車場が便利です。(30分:300円・駐車サービス券はございません)

このページの上へ