各種健康保険・労災指定医療機関

神楽坂 肌と爪のクリニック

  • 「飯田橋駅」より徒歩2分
  • 予約制03-3513-8212

神楽坂「肌爪日記」クリニックブログ
カテゴリ:院長

グリーンネイルに関するウソと本当 その1

  • 2019.08.09

ネイリストや皮膚科専門医でも間違って理解していることが非常に多いグリーンネイル。今日は爪の専門医がその真実に迫ります!グリーンネイルについて良く言われる次の6つのこと。さて、このうち事実はどれでしょう?爪の知識に自信のあるあなた!是非挑戦してみて下さい。

1.グリーンネイルはカビの一種である

2.グリーンネイルは不潔なネイルサロンでうつることが多い

3.グリーンネイルは他の指にもうつりやすい

4.グリーンネイルには抗生物質の飲み薬による治療が必要

5.グリーンネイルは変色した爪を削り落とすと良い

ジェルネイルによるグリーンネイル。ジェルが浮いた形に色がついている。
色素の食い込んだ爪が伸びきって元に戻った爪。

答えは↓

答えは↓

答えは↓

答えは↓

答えは↓

答えは↓

答えは↓

正解は、全てウソ!!!!!!!

では解説しましょう。

まず1。グリーンネイルはカビの一種である>ウソ!!グリーンネイルで見られる鮮やかな緑色、これはピオヴェルディン、あるいはピオシアニンという色素の色なのですが、皆さんお馴染みのパンにつく青カビの色によく似ていますね。このためグリーンネイルはカビだと思い込んでいる方が実に多い、というか、お医者さんやメディアの方も含めて殆どがそう思いこんでらっしゃる。でもつくられる色素の色は似ていても実は全く違う物です。グリーンネイルの原因となる病原体はカビではなく、緑膿菌という細菌です。水虫とも違いますよ。水虫はカビの一種、これはまた別の機会に。

医療関係でない方には病原体となる細菌、真菌(カビ)、ウイルスなど微生物の違いはわかりにくいと思いますが、細菌と真菌(カビ)はテントウムシとクジラくらい違います。ん・・・?余計わかりにくいか・・・。似ても似つかないということが言いたかったんです。

次に2。グリーンネイルは不潔なネイルサロンでうつることが多い>ウソ!そもそもネイルサロンでうつるという世の中の常識がウソなんです。私の所にいらっしゃる患者さんにはサロンでグリーンネイルになっちゃって散々もめた後という方も多くて、「実はサロンでうつったわけじゃありませんよ」と言うと皆さんメチャメチャ驚かれます。お店で「訴えてやるっ!てすごんじゃったのに・・ヤバッ!(実話)」まぁまぁ落ち着いて下さい。

んじゃ、その緑膿菌ってやつどこから来たの?ええ、それが意外なところなんです。皆さんの手の皮膚です。「うぇ〜〜〜!!あんなに洗ってるのに〜!」またまた驚かれます。実は緑膿菌は常在菌といって正常な状態で皮膚に上に普通に住んでいます。緑膿菌に限らずいろんな菌がいるんですよ、実は。細菌叢と呼ばれる集団を作って私たちの健康に役立ってるんです。腸内細菌叢って聞いたことありますよね?ふだん個々の細菌は普段は少数しかおらず、イイ感じでバランスしているのでなにも症状はないのです。

でも何らかの理由でバランスが崩れると悪さをすることがあります。例えば緑膿菌は狭くて湿った隙間を見つけるとそこでわ〜っと増えて、独特の色素を作り出し爪を緑色に染めるんですね。狭くて湿った環境とは、例えばジェルの浮き上がって出来た爪との隙間みたいなところです。だからグリーンネイルをよく見ると隙間の形に色がついていますでしょ?他に病気やケガで爪が浮き上がってできた隙間でも増えますよ。同じように緑色になりますが、ジェルの浮き上がりで見られるグリーンネイルとは違います。コレもまた別の機会に

さて、グリーンネイルは菌の数が増えていますが炎症をおこしている訳ではないので痛くもなんとも無いんです。ちょっと臭いけど(^_^; 緑膿菌ってピオ臭という独特に臭いがあるんですよね。傷の手当てで現場経験のある医師や看護師ならご存じのはず。そう、あの臭い。因みにピオはpyo、つまり膿のことですが、医療現場ではピオと言えば特に緑膿菌のことを指します。医療業界に多い隠語の一つです。

次は3。グリーンネイルは他の指にもうつりやすい?ここまで読まれた方はもうおわかりですね。答えはウソ!グリーンネイルはうつりません。繰り返しになりますが、ジェルが爪から浮いてできた小さな隙間に水が入り込んで狭くでジメジメした環境ができます。そうした環境でそこにもともとそこに住んでいた緑膿菌が増えたのです。2本の指にグリーンネイルになった時、どちらからうつったと考える人が多いですが違います、うつりませんから。2本の指に同時に緑膿菌が増えやすい条件が揃って、もともとそこに住んでいた緑膿菌が増えたに過ぎないのです。もうわかりましたね?グリーンネイルはうつる病気ではないのです。私は爪の専門医として毎日グリーンネイルの人に触れていてますが決してグリーンネイルにはなりません。

長くなりましたので4と5はまた次の機会に説明しますね。

耳垂裂がこんなにきれいになります!

  • 2018.04.06

ピアスで耳が切れてしまう耳垂裂。どこで手術を受けたらキレイにしてもらえるのかしら?

当院の症例をご覧下さい。今回は難易度の低い普通のケースを集めてみました。今後複数切れている、軟骨部が切れている、拡張ピアスが切れているなど高度な症例も順に公開いたします。

手術って痛いの?私の場合費用は?どこなら安心?いつやってもらえるの?詳しい情報、治療を受けたい方はこちら

***医療法改正によって手術前後の写真を表示する際に義務づけられた「治療内容、費用などに関する事項や、治療などの主なリスク、副作用などに関する事項等の詳細な説明」は以下のとおりです。

治療内容:耳垂裂に対する耳介形成術。局所麻酔をし、耳たぶの縁に小さな皮弁(三角の皮膚)をデザインします。裂けた部分の皮膚を取り去り、きずときずを精密に接合させて0.1mm以下の細いナイロン製糸を用いて縫合します。手術の5〜10日後に抜糸をします。

費用:健康保険が使えます。自己負担は3割負担の場合で30970円(初診料、手術料、麻酔料お薬代など一切を含む。消費税はいただきません)。抜糸の際に380円が必要です。

主なリスク:内出血がありますが10日ほどで自然に消え、最終的な仕上がりに影響はありません。希な合併症にケロイドがあり、生じた場合別途治療が必要です。

 
耳垂裂治療の術前術後のイメージ1
術後1ヶ月。わずかな赤みがありますが目立ちません。
 
耳垂裂治療の術前術後のイメージ2
術後1ヶ月。術後の傷はほとんど見えません。
 
耳垂裂治療の術前術後のイメージ3
青い線に沿って切開しました。術後10ヶ月傷跡はほぼ見えません。
 
耳垂裂治療の術前術後のイメージ4
術前少しズレのあったケース。ズレ修正する三角弁が青く描かれています。術後1ヶ月傷跡はほぼ見えません。
 
耳垂裂治療の術前術後のイメージ5
裂が大きく開いているケース。術後1ヶ月キレイに繋がって傷跡も目立ちません。
耳垂裂治療の術前術後のイメージ6
これも裂が開いているケース。術後3ヶ月傷はまだわずかな赤みがありますが目立ちません。
 
耳垂裂治療の術前術後のイメージ7
術後10ヶ月の写真で傷の上にある茶色い点はイヤリングによるカブレ。多くの症例と同じように、裂けた背景に金属アレルギーがあるからです。傷は目立ちません。
 
耳垂裂治療の術前術後のイメージ8
長い距離キレていますが、術後1.5ヶ月で傷は目立ちません。
耳垂裂治療の術前術後のイメージ9
術後1ヶ月で傷はわずかにピンク色に見えています。
 
耳垂裂治療の術前術後のイメージ10
術後1ヶ月。術後の傷はほとんど見えません。
耳垂裂治療の術前術後のイメージ
術後2年半の時点で傷は全く見えません。
 
耳垂裂治療の術前術後のイメージ12
ホクロの脇が切れています。1年半後の写真では傷は全く見えません。
 
耳垂裂治療の術前術後のイメージ
術前にわずかなズレがありますが3ヶ月後の写真では修正されラインがキレイに繋がっています。
 
耳垂裂治療の術前術後のイメージ14
 1年半後の写真では傷はほとんど見えませんが、すぐ上で円形でわずかに茶色のシミはイヤリングによるカブレです。

手術って痛いの?私の場合費用は?いつやってもらえるの?どこなら安心?詳しい情報、治療を受けたい方はこちら

「抜糸(ばっし)」についての良くある質問

  • 2017.10.11

当院の患者さんよく聞かれる質問に「ばっし」についてがあります。今回はこのばっしについてお話しします。

「ばっし」とは、同じ発音で全く違う意味を持つ用語があります。

ひとつは歯科用語で、智歯(親知らず)やう歯(虫歯)などの歯を抜くことを指す「抜歯(ばっし)」。

もうひとつは傷口を縫った後、数日経ってから糸を抜きとることを意味する「抜糸(ばっし)」があります。

※歯科用語では、同じ発音のため混同しないように「抜糸」のことをあえて「ばついと」と言いますが、抜歯を滅多にしない(実は医師でも顎の手術で抜歯することがあるんです)お医者さんにはなじみの無い言い方です。

今回は「抜歯(ばっし)」ではなく、患者さんから聞かれる「抜糸(ばっし)」に関しての質問についてお話したいと思います。

抜糸(ばっし)って痛いですか?

抜糸(ばっし)は痛いのか?
答えは、抜糸は痛くありません。

正確に言えば、昔は痛かったけど、今は痛くありませんということになります。それには理由があります。

私が医師になった20年以上前、当時研修したお腹の外科手術などで皮膚を閉じる時に縫合糸として使われていたのが天然繊維である絹糸を何本も撚り合わせた糸でした。

「シルクスーチャー」、あるいは単に「シルク」と呼んでいました。また太さも0.2~0.3ミリほどと太い物でした。

このような天然繊維の太い撚り糸は繊維の間に組織の一部や浸出液や血液が固まったかさぶたが入り込み、糸と皮膚が癒着(くっついて)しまいます。

そのため、抜糸(ばっし)のとき癒着が無理にはがされて痛みが起きていたんですね。

最近では傷口を縫う糸の素材としてナイロンを使っているので、昔とはまず糸の材質に違いがあります。

ナイロン糸はストッキングにも使う表面がつるつるした材質で、撚り糸ではなく1本の繊維でできた糸で皮膚と癒着(ゆちゃく)することもないため抜糸の時も「スルッ」と抵抗なく抜けるため痛みが無いんです。

また、また当院のような顔の縫合を多く行うところでは糸の太さも0.05~0.06と髪の毛よりも細い糸を使っています。

更に、糸の跡を残さないように糸をユルく結んだり、抜糸の時も引っ張らないなどキズを優しく扱いますので抜糸は本当に痛くないのです。

抜糸(ばっし)をするときに麻酔をしますか?

手術をするときは、もちろん麻酔をしますが「抜糸でも麻酔をするんですか?」と患者さんから聞かれます。

答えは、抜糸(ばっし)をするときに麻酔をすることはありません。

なぜなら、手術は麻酔をしないと当然痛みを伴いますが、抜糸(ばっし)が痛くないのに麻酔をする必要がありませんよね?

抜糸そのものが痛みがないのに、麻酔の注射の方が痛いなんて、わざわざ痛い事をするという見合っていない理由からです。

また、稀に「どうしても麻酔をしてほしい」と言われることもありますが、麻酔液を注入する圧力で、傷口が開いてしまう可能性があるので実際に麻酔をしたことはありません。

抜糸(ばっし)は、痛くないので麻酔の必要もありませんので、ご安心ください。

どのくらいで抜糸(ばっし)するんですか?

抜糸(ばっし)までの期間は、傷のくっつきやすさや体の部位にもよって違いがあり、5日から2週間の間で抜糸(ばっし)します。

「そんなに早く抜糸(ばっし)していいの?」
「傷はちゃんとくっついているの?」

この抜糸(ばっし)までの期間を早いと感じたり、不安な気持ちになる患者さんもいらっしゃいますが、実はキズは抜糸(ばっし)する糸と皮膚の中に埋め込んだ中縫いの二重になっているため開くことはありません。この中縫いは抜糸しません。

腫瘍切除後の縫合

キズがナイロン糸で縫われた状態

ほくろ

抜糸後、半年ほど経った状態。キズはほとんど見えません。

顔のように血流がよく、傷が早くくっつく部位などは、5~10日の早めに抜糸(ばっし)をするんですね。

抜糸(ばっし)が早い方が糸の跡を残しにくいというメリットがあるんです。

抜糸(ばっし)を必要以上に遅らせるとムカデの足のような糸の跡を残すことがあります。

実際にはムカデの足のような跡は傷の縫い方、結び方、糸の材質なども関係するので抜糸の時期だけの問題ではありませんが・・。

逆に血のめぐりが良くない手足や、力のかかる関節部、皮膚が薄くて傷がくっつきにくい頭皮や足の裏などは、逆に遅らせて2週間待って抜糸(ばっし)をします。

ただ、あまり抜糸(ばっし)が遅すぎると、糸が埋もれて取れなくなってしまったり、めり込んでしまい糸が見えなくなってしまうことがあるため危険なので何カ月も抜糸(ばっし)せずに放置しないでください。

結論としては、抜糸(ばっし)は適切な時期に抜くことが理想的なのです。

溶ける糸で縫わないんですか?

これも良く聞かれます。

吸収糸といって抜糸(ばっし)が必要なく、時間が経つとボロボロと自然と脱落する糸があります。皮膚や口の中を縫う時は溶ける糸といっても溶けてなくなるわけではないんです。

この糸はナイロン糸とくらべて糸の跡が残りやすいデメリットがあります。キズと癒着しやすいことと自然に脱落するまで1ヶ月以上かかるためです。

また皮膚では感染のリスクを高める欠点あるため、通常は皮膚の縫合には使われず、もっぱら粘膜や皮下組織の縫合に使われます。

つまり溶ける糸はデメリットが多すぎるため皮膚の縫合には使わないのです。

ついでに言えば生体接着糊で「くっつけてしまう」方法もあります。キズがくっついた後、糊は剥がれ落ちるので抜糸(ばっし)も不要です。

ただしこの方法はキズ同志を正確に合わせることが出来ず、場合によっては段ができたり、傷口に食い込んでキズ跡が目立ってしまったりすることがあるので使いません。

今回は抜糸(ばっし)についてよくあるご質問にお答えしました。ご質問があればお寄せ下さい。

抜糸って誰でもできますか?

自分で抜糸ができませんか?近所の病院で抜糸してもらっても良いですか?どこで抜糸しても一緒ですよね?時々いただくご質問です。

当院は全国から耳垂裂や巻き爪手術を希望される患者さんにおいでいただきますが、遠方にお住まいの患者さんでは抜糸のために再度ご来院いただくことが難しいことがあります。その場合は紹介状を作成し、ご自宅近くの医療機関で抜糸処置を受けていただくことも可能です。

ただし、医療機関ならどこでも良いというわけではありません。特に耳や顔の手術のように非常にデリケートな手術の場合は糸が非常に細く、糸の掛け幅も極小で縫合されているため抜糸には特別な器具が必要になりますし、技術的にも難しいものになります。

そうした器具、技術のない医師が抜糸をした場合、そもそも抜糸が出来ない、出来ても糸を皮膚の中に残してしまったり、最悪キズ跡を傷めて出血し、仕上がりにまで影響が出てしまうことがあります。患者さんは期待通りに仕上がりにならないことにもなりかねませんし、せっかく丹精込めて綺麗に縫合した我々術者もガッカリです。

では、だれに頼めば綺麗に抜糸してもらえるでしょうか?確実なのは「形成外科専門医」資格を持っている医師です。いろいろある専門医としてはレアな資格になりますが、少し大きな町であれば一人二人捜せるはずです。美容外科という手もあるのですが、医師によるレベルの差が激しいですし、そもそも保険診療をやっていなかったりすると通常数百円ほどの抜糸処置に数千円支払うことになります。

因みに当院院長と副院長は形成外科専門医の資格を持っており、他の病院で縫合された患者さんの抜糸も承りまわっております。但し、国外で受けた美容外科手術、脂肪吸引手術などの抜糸は当院では承っておりませんのでご理解のほどお願いいたします。

手術をした医師としてはやはり手術にやりっぱなしは責任を果たせていないようで嫌なものです。そのため当院では、関東圏の患者様にはなるべく抜糸のために再診していただくようお願いしております。

こうした抜糸ですから自分でやるのは現実的ではありません。また抜糸せずに糸放置すれば糸の跡が残りますのでこれもやめた方が良いでしょう。

足小指の爪の痛み 内反小趾と爪変形 その2 治療編

  • 2016.02.03

院長の野田弘二郎です。今回は前回に続いて内反小趾による爪の痛みについての話しです。今回は対処法、治療法について説明します。

内反小趾によって爪の痛みが出る理由は先の細い靴によって小指が内側に向かって強制的に曲げられ、それが繰り返されることで徐々に小指が外に傾いていき、最終的に爪の端が接地してそこに体重がかかるからというのが前回のお話でした。

内反小趾による爪の痛みですが、解決法があるでしょうか?整形外科などで小趾の内反自体の治療が受けられれば一番良いのですが、そもそも先の細い靴により強制的内反させられているので靴を替えないことには解決はあり得ないでしょう。当院では内反小趾による爪の痛みに対して次ぎの3つの対処を行っています。
1.小指を過度に内反させないことで、それに伴う小指の外旋を防止し接地を防ぐ。
・先の細い靴、ヒールの高い靴は履かない。
・小指の内反を防ぐために魚の目用リングを使う。
2.幅の広くなった爪の手入れをする。
・ニッパータイプの爪切りで小爪を切る。あるいは爪の幅が狭くなるよう整える。
・就寝前に小指の爪に尿素剤(ウレパールという名前で市販されています)を塗り、サランラップで覆う。起床後に洗い流してからヤスリで爪を軽くなでるようにして薄く削る手入れを月一回程度する。(尿素剤のかぶれに注意して下さい)
3.幅の広くなった小指の爪を手術で幅を狭くすることで接地しないようにする。
・巻き爪の根治手術に準じた手術(部分的Zadik法)を行い爪の幅を狭くする。術後に先の細い靴を履くと爪は痛くなくても、手術の傷跡が靴に圧迫されて別の痛みが生じるいう大きな欠点があるので最終手段とお考え下さい。例えば裸足でも痛いような方にしか勧められません。

最後に内反小趾の予防法について。これは先の細いハイヒールを履かないことに尽きます。女性の皆さん、貴女の足をもっと可愛がって上げて下さい。足とのお付き合いは一生涯続くのですから。

爪の幅が狭くなっている

手術後 爪の幅が正常

爪の幅が広すぎる

手術前 爪の幅が広すぎる

ハイヒールトラブル 内反小趾

治療前 爪の幅が広く接地してしまう

ハイヒールトラブル 内反小趾

治療後 爪が接地しない

足小指の爪の痛み 内反小趾と爪変形 その1

  • 2016.01.28

院長の野田弘二郎です。

当院には足の親指の爪の患者さんが多くいらっしゃいますが、中には足の小指の爪が痛いという方もいます。

日常的にハイヒールを履く方に多い症状で、「ある朝いつものハイヒールを履たら、突然飛び上がるほど痛みがあり、それ以来その靴が履けなくなった。裸足や余裕のある靴だとウソみたいに痛くない」というのが典型的な症状です。こうした方の中には巻き爪やウオノメによる痛みの方もいらっしゃいますが、実は半分以上の方はそうではないのです。

ハイヒールトラブル内反小趾 内反小趾
ハイヒールトラブル内反小趾 内反小趾 小指が隣指の下に入み外側に捻られて爪は外を向く。踏み込んだ時に爪の端が地面に触れている。

こうした方の足をよくよく診察すると小指の爪の幅が広かったり、外側に小さな爪(小爪などとも言います)があります。それだけではなくて小指が隣の指の下に入り込み、小指が外に倒れている(医学用語では外旋していると言います)のが特徴。こうした指を内反小趾と言います。指の付け根が靴にこすれて痛むこともありますが、この状態ではまだ飛び上がるほどの痛みではありません。

先の尖ったハイヒールを履くと、靴の形に沿って親指は外側に、小指は内側に無理矢理曲げられた状態になります(わかりにくいのですが医学用語で「身体の中心軸」に近い方が内、遠い方が外と言います)。この状態で歩くと、ハイヒールでは踵が高いため足が前方に滑り、指は更に狭い靴先に押し込まれる状態になり小指の内反は更に激しくなります。それと共に写真のように小指は外に倒れみ爪が外を向くようになり、日常的に履き続けるとやがて靴の中で小指は完全に横倒しの形になります。そしてついには爪の外側の端が靴底に触れるようになり、足に体重を掛けた時に小爪の部分に体重がのしかかることで激痛となるのです。裸足や先に余裕のある靴だと痛くない理由は、小指の内反すなわち、小指が隣の指の下に入り込む程度が軽く済み、端が接地するほど爪が傾かないので痛くないというわけです。

こうした症状の方は他にも小指の外側や内側のウオノメや指関節のタコ、外反母趾、足の裏のウオノメやタコなど不適切な靴選びにより、長年蓄積してきた問題を多くかかえていらっしゃることもあります。外反母趾や内反小指を治すのは整形外科の仕事になりますが、爪の痛みをとるだけなら私のような爪を専門とする医師もお手伝い出来ることがあります。次回は内反小趾の爪の痛みの治療について説明します。

あけましておめでとうございます

  • 2016.01.05
CIMG1999

本年も神楽坂肌と爪のクリニックをよろしくお願いいたします。

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?私院長は家族と共に軽井沢でスキーを楽しみました。今年は暖冬ですが軽井沢も非常に暖かく滑れるかどうか心配したのですが、ゲレンデだけはカーペットを敷き詰めたように人工雪が積もり快適にスキーを楽しむことが出来ました。

さて、当院は本日1月5日から診療を再開しております。年明け早々にもかかわらず、おかげさまで沢山の患者様にご来院いただいております。年末には来院のご希望が集中し、予約をお取り出来なかった患者様もいらっしゃいましたが、年始はまだ予約枠に余裕(9日土曜日は残り少なくなっています)がありますのでご連絡をお待ちしております。

年末年始休診のお知らせ

  • 2015.12.19

12月30日~1月4日までを年末年始休暇とさせていただきます。
年内は12月29日まで診療し、年明け1月5日火曜日より診療再開いたします。

年内多少混み合っておりますが、25日金曜日は比較的余裕があります。ご予約お待ちしております。

cropped-kagurazaka.png

ピアスのトラブル:切れ耳、耳垂裂(じすいれつ

  • 2011.06.03

こんにちは。神楽坂肌と爪のクリニック院長の野田弘二郎です。

かわいくて

種類もたくさん

あって楽しいピアスですが実はトラブル

も結構多いんですよ。ピアスによる主なトラブルには次のようなものがあります

イメージ 1

1.細菌感染

2.一次刺激性皮膚炎

3.アレルギー性皮膚炎(金属アレルギー)

4.ピアストンネル穿孔

5.ピアスヘッド埋没

6.ケロイド

7.アテローム

8.耳垂裂(裂け耳、耳切れ、切れ耳)

これが耳垂裂です

今回は8の耳垂裂(じすいれつ)

について詳しく説明します。ネット

でピアストラブルで検索すると沢山の有用な情報が得られます

。ところが情報の多くが皮膚科医やピアスショップによるものなのでピアスにより耳たぶが裂けた状態、すなわち耳垂裂

(耳切れ、切れ耳)についてはほとんど情報がありません。そのため治療できない、あるいは大がかりな治療が必要となると思われている方も多いようです。ここでは私の専門性

を活かしてピアスによる外傷性耳垂裂

の治療について書いてみます。

ピアスによる耳垂裂はピアス穴が重力

の方向にだんだん長く伸びていき、つ

イメージ 3

いには耳たぶが裂けてしまう状態

です。裂ける前にピアス穴がジクジクしているなど前兆があることが多いです

。裂けるというとスゴそうですが意外にも痛みはほとんどありません

。服を脱ぐ時などにピアスをひっかけて一気に裂ける

こともありますが、たいていは数週間にわたってゆっくり裂けていくことが多いからで出血

さえないことがほとんどです。耳垂裂の症状はやはり見た目悪いこと。コワい、キモチわるいと言われて傷ついたという患者さんも多いのです。放っておいても自然とくっつくことはありません。また裂け目は数年のうちに広がってきて余計に目立ってきます。

治療は日帰り局所麻酔の手術

で、手術時間は丁寧にやっても15分程度

しかかかりません。手術の方法は大きく分けて以下の方法があります。

1.直線法:裂けた線に沿って皮膚を切り、単純に縫い合わせる方法。簡単なので忙しい救急病院向けで

イメージ 2

すが、縫い合わせた部分がひきつれてお尻みたいなくびれができてしまうため仕上がりが悪いのが欠点

。当院では行いません。

2.Z形成術:中級以上の医師

が良く行う方法。教科書良くのっている代表的な術式です。私が大学病院などで後輩医師に指導していた術式でもあります

。耳たぶの縁の部分でキズがZ型になっています。ひきつれがおきないのでくびれができません

。裂け方によっては正確に合わせるのが難しいこと、立体的な歪みがおきる欠点があるので当院ではほとんど行いません。

3.W形成術(三角弁法):
当院

で行っている方法でキズがW型になります。くびれができないのはZ形成術と

イメージ 4

同じですが、キズの長さが正確に合わせられること、立体的な歪みがないことため仕上がりがよいのが特徴

。上から2番目の写真で耳たぶ切れている部分が前後で長さが違っている

のが分かりますか?このまま縫ってもラインがスムースに繋がらないはずです

。なのに術後の写真ではちゃんと耳たぶのラインきれいになってます

。またW型のキズと言っても縁のわずかな部分だけなのでかなり拡大しても分かりません。右の写真

は手術後1ヶ月です。よーーっく見て下さい

。ピンク色のキズがW型になっているのがわかりますか?このピンク色も半年もすると周囲と同じ色になり更に目立たなくなります

当院では耳垂裂手術を2012年に130件行いました

。手術の多い大学病院でさえ、耳垂裂手術は年間せいぜい20件程度ですから、すごーく多いんです

。がっ!!このブログの影響もあって、昨年2013年は倍以上増えてなんと270件!にもなりました

。当院の診療日数が年間260日ほどなので、少なくとも1日1件以上やっている計算になります。これはおそらくダントツ日本一でしょう

。一つの手術を毎日やっている外科医と年1回しかやらない外科医とではノウハウもテクニック、もちろん仕上がりもぜんぜん違ってきて当然ですよね。

因みにそのうち7割くらいは副院長〔女性医師〕

の執刀ですので、男性医師だと緊張しちゃう!という方もお気軽に

どの方法でも耳たぶに麻酔薬注射

する時に多少の痛み

がありますが、耳たぶはもともと痛みに鈍感な場所なので痛みと言ってもわずかです。手術中は全く無痛で術後の痛みもほとんどありません

。時間も一箇所たったの15分ほど。当日からシャワー、シャンプーが出来ます。通院は不要で一週間後に抜糸をしますがこれも痛くありませんのでご安心を

。同じ場所にピアスを空ける場合は手術後1ヶ月からOKです。

気になる費用

についてですが、幸い健康保険が使えますので手術料は片耳29880円(自己負担3割の場合。2018年4月1日診療報酬改定)となります。当院の特徴として2箇所キレていても同日手術で費用も同額でOKです。他に診察料や薬代など千数百円がかかります。なお耳垂裂には先天性のものもありますが症状、治療法、費用ともほぼ同じです

当院では随時治療を受け付けており、予約枠に空きがあれば当日手術

も可能です。ほとんどの方は初診された当日に手術を受けられます

。準備の関係上、予約はできるだけお電話

でお願いします。
その際、次ぎの2点を必ずお知らせ下さい。
・当日手術希望か、診察だけ希望か
・手術希望は何カ所か? 「右だけ」とか「両耳」とか「左耳2カ所」など

最近では遠く九州や四国からこの手術を受けにいらっしゃる患者さんも増えましたが、遠方で来院が難しいという方はお近くの「形成外科」(整形外科ではありませんよ)がある病院

で相談してみて下さい。尚、当院では病院のご紹介はいたしておりません。ずれて縫われたりすると傷跡が目立つ場所ですからお医者さんは慎重

に選んで下さいね。当院ではそういった方のために修正手術も行っております

。 当ブログなどで関連の記事も書いておりますのでよろしければ併せてお読みください。

 ●耳垂裂の良くあるご質問

http://blogs.yahoo.co.jp/hadatotsume/24882257.html

●キレイに治せる!できもの専門外来

http://blogs.yahoo.co.jp/hadatotsume/26277874.html
●オールアバウトAll About ピアスによる切れ耳

http://allabout.co.jp/gm/gc/450134/

神楽坂の新名所誕生

  • 2011.05.11

当院のはす向かい、ここ2年ほど工事が行われていた東京理科医大の新しいビル

がようやく完成しました

。建築中はK2ビルと呼ばれていましたがポルタ神楽坂という名前に決まったそうです。

神楽坂に面した部分は地下一階~2階が店舗、上階はアパートになっています。当院のはす向かいなのでどんなお店が入るか楽しみにしていました。勝手なことを言えば、当院の患者さんが外で診察の順番をお待ちいただけるカフェや書店があると良いなと思っていました。その店舗のいくつかが分かってきました。今分かっているものは次のようなお店があります。

トレド(昔からここあった喫茶店)
福壽庵(たい焼き)
マーメイドカフェ(パン屋カフェ?)
IMPLEXE Sherbes(レディスセレクトショップ)
丸勢水産(乾物や?)
梅花亭(坂上にもある和菓子)
サーティワン?(未確認)

本格的なオープンは5月末以降になるようですが、もっといろんなお店が入るようです。来院のついでに是非寄ってみて下さい

*写真左側のベージュ色のビルは当院があるさわやビル、奥がポルタ神楽坂です。

イメージ 1

新しい巻き爪矯正器具「ドクターショール巻き爪用クリップ」医師の感

  • 2011.04.16

患者さん自身で取付け取り外しの出来る全く新しい巻き爪矯正器具「ドクターショール巻き爪用クリップ」が発売され

イメージ 1

ました。
http://drscholls.jp/makizume/top.html
爪の先端を4つのクリップで挟みそれらと一体となったバー部分の弾性で爪を矯正します。いままで巻き爪矯正に使用されていた超弾性ワイヤー(ニッケルチタンワイヤー)は加工が難しいのが欠点で線材、板材しか存在しませんでした。そこで東北大のグループが銅、アルミ、マンガンを使って複雑な形に加工が出来る新しい超弾性の合金開発しました。この金属を使った最初の製品として「ドクターショール巻き爪用クリップ」が発売されました。データは持っていないのであくまで私の個人的な感想ですが弾性という物理特性についてはニッケルチタンには一歩及ばないようです。

購入するのはドラッグストアではなく病院です。医師が使用する治療器具の一つという位置づけなのでネット通販やネイルサロンに流れないよう流通はかなりしっかりとコントロールされています。自費診療の一環となるため定価は存在せず一個5000円~10000円ほどと予想されます(当院では現在6000円で始めました今後変更の可能性もあります)。取扱いクリニックを受診し、医師による診察を受け、正しく診断してもらったうえでサイズを測り、使用法の説明を受けることになります。しばらくは月一回程度通院して経過を診てもらう必要があります。ずっとつけていても良いのですが、なくさないためにも入浴時や就寝時は外した方が良いでしょう。

国内でクリップ治療が本格的に始まって1ヶ月半、当院で治療開始して3週間ほどです。その間当院では新規患者さんやワイヤー矯正後の患者さんの指40本に対して治療しました。まだ少ない経験(それでもこの期間での数としては国内最多ではないでしょうか?)ですが従来のマチワイヤーと比較すると・・・

メリット
1.費用が安い;何度でも半永久的に使えるので交換の度に費用の掛かるマチワイヤーと比べると治療コストが1/3以下です。
2.自分で管理できる:つけ外しが簡単です。特にワイヤー矯正を終わった後の再発防止に役立つと考えています。
3.病院間での治療に差が付きにくい:ご存じない方が多いですが、マチワワイヤー矯正は医師の経験、技術によって結果が大きく変わります。クリップではそれが出にくいと思います。

デメリットは、
1.取れやすい:けっこうかさばる上にクリップで挟んでテープで固定するだけなので簡単に取れてしまいます。靴下を脱ぐ時や入浴の際になくさないよう気を遣います。実際なくしてしまったという患者さんが多いですし何度もなくすと費用負担も大変。
2.矯正力が弱い:残念ながらマチワイヤーと比べると矯正力が桁違いに弱いです。また矯正強度が調節できないというのも欠点です。そのため治療に非常に時間がかかることがあります。BSブレイスよりはましといった程度でしょう。
3.治療できない爪が多い:変形が大きいとクリップをつけることが出来ませんのでワイヤーである程度矯正する必要があると思います。当院では化膿している爪や深爪でもマチワイヤーで治療しますがクリップは無理だと思います。薄い爪では取れやすく、厚い爪ではつけるのが大変です。足の親指以外や手の爪も治療できません。
4.その他:サンダルが履けない、マチワイヤーのように上からペディキュアが出来ない、身体が硬い人や目の悪い人はつけるのが非常大変。

ワイヤーとクリップの療法を使用した患者さんに伺うとワイヤーと比べてかなり面倒とのことで6割以上と意外にも多くの皆さんがワイヤーによる治療を続けることを希望されます。1,5~2ヶ月おきの通院以外、患者さん自身は一切なにもする必要のないワイヤーの快適さを知ってしまうとクリップはとても面倒に感じられるようです。まとめて言うとクリップ療法は、ごく軽度の巻き爪の人で面倒くさがりでない人で治療を急がない人には最適だと思います。尚当院では巻き爪の新規患者さんの中でクリップ矯正のみを希望された方はこの3週間では18人中1人に過ぎませんでした。

患者さんが自分で行える治療器具というアイデアはとても良いと思いますがまだまだ問題が多く正直言って期待したほどではありませんでした。開発時の治験にあたった病院の巻き爪治療症例数が少ないこともあり製品として洗練されるのはこれからだと思います。今後の改良が望まれます。

神楽坂肌と爪のクリニック 皮膚科|形成外科|腫瘍皮膚科|美容外科|美容皮膚科
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-12-15
さわやビル2F
予約制03-3513-8212
●終日診療 △午前の部のみ診療 -休診
【平日】10:00~13:00/14:00~19:00
【土曜日】9:30~12:30/13:30~18:30
  日祝
院長野田 弘二郎
副院長野田 真喜(女性)
川原﨑医師(女性・皮膚科専門医)
Access
◆JR総武線
「飯田橋駅」西口臨時出口より徒歩4分
◆東京メトロ有楽町線、東西線、南北線
◆都営大江戸線
「飯田橋駅」B3出口より徒歩2分
◆東京メトロ東西線
「神楽坂駅」神楽坂口より徒歩7分
◆都営大江戸線
「牛込神楽坂駅」A3出口より徒歩5分
このページの上へ