各種健康保険・労災指定医療機関

神楽坂 肌と爪のクリニック

  • 「飯田橋駅」より徒歩2分
  • 予約制03-3513-8212

神楽坂「肌爪日記」クリニックブログ

爪噛み癖

こんにちは 野田真喜です毎日本当に暑い日が続きます。
 
皆様、熱中症にはくれぐれも注意してお過ごし下さいね。外でお過ごしの方は、長時間日なたにいることを避け、喉が乾いたと感じる前からコップ半分でも、10分おきくらいで飲むようにしてくださいね。
今日は、爪噛み癖についてです。
 
爪噛み癖は3歳以降に出現することが多く、10才くらいをピークとして多くは自然になくなっていきます。
 
しかし、大人になっても止めることができなかった場合や、思春期以降に出現した場合は治療はなかなか困難です。
 
自覚していても止めることができないのが癖。
 
医学的には、自分の体をいじる癖が固定してやめられない状態を『神経性習癖』と呼びます。
img_0_m
爪は小さくなり、爪の先はノコギリ状にギザキザとしています。そして、指先はポテッと丸くなっていることが特徴です。
 
長年にわたる習慣を止めることは、非常に困難です。一人で悩まずに病院に相談しましょう。とは言っても普通の病院では対応はなかなか難しいかも知れません。
 
心のケアは、メンタル科の先生がご専門ですが、
当クリニックでは、見た目の改善のお手伝いができます。これが治療の大切な一歩となります。
治療開始当日です。
img_2_m
綺麗な人工爪は通常の長さのがあり、容易には噛み切れません。
   ⬇️
治療開始2ヶ月後
 img_1_m
自爪が先端までキレイに伸びて、指先の形も改善されています
 
ここまで頑張っていただくと、人工爪は終了、治療も終了です
 
強いストレスにさらされて、再発してしまう方もいらっしゃいますが、
その場合はご希望があれば何度でも繰り返し人工爪を作ることができます。
 
しかしほとんどの方が、再発なく卒業されていきます。
 
頑張って治したいとお思いの方は、ご相談下さい。
 神楽坂 肌と爪のクリニックhttp://www.hadatotsume.com
神楽坂肌と爪のクリニック 皮膚科|形成外科|腫瘍皮膚科|美容外科|美容皮膚科
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-12-15
さわやビル2F
予約制03-3513-8212
●終日診療 △午前の部のみ診療 -休診
【平日】10:00~13:00/14:00~19:00
【土曜日】9:30~12:30/13:30~18:30
  日祝
院長野田 弘二郎
副院長野田 真喜(女性)
川原﨑医師(女性・皮膚科専門医)

※2017年7月28日より副院長外来(火、木、土の午前の部)を当面休診とさせていただきます。その間は院長の代診となります。
再開は現在の所未定です。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

Access
◆JR総武線
「飯田橋駅」西口臨時出口より徒歩4分
◆東京メトロ有楽町線、東西線、南北線
◆都営大江戸線
「飯田橋駅」B3出口より徒歩2分
◆東京メトロ東西線
「神楽坂駅」神楽坂口より徒歩7分
◆都営大江戸線
「牛込神楽坂駅」A3出口より徒歩5分
このページの上へ