各種健康保険・労災指定医療機関

神楽坂 肌と爪のクリニック

  • 「飯田橋駅」より徒歩2分
  • 予約制03-3513-8212

神楽坂「肌爪日記」クリニックブログ

切れ耳、耳垂裂(じすいれつ)へのご質問


切れ耳、耳垂裂(じすいれつ)の治療で来られる患者さんから、たくさんの質問をいただくので良く聞かれる疑問についてお答えしたいと思います。

Q.麻酔は痛いですか


A.耳たぶは、まぶたや指の先と比べるずっと痛みに鈍いところなのです。また私のクリニックでは赤ちゃんの予防接種の針よりもさらに細い針を使うなど麻酔法にも工夫しています。麻酔をして痛みが全くなくなったことを確認してから手術を行います。念のために痛み止めも処方していますが、術後の痛みも殆どありません。また抜糸の時は、糸を切るだけなので痛みは全くありません。抜糸自体は1~2分で終了します。

Q.抜糸はしますか

A.はい、5日~10日後に抜糸をします。抜糸の日も受診が出来るように手術希望日をご検討下さい。なお、抜糸のために来院出来ない方はご自宅近くの病院で抜糸してもらえるよう紹介状を発行することも可能です。

Q.ピアスをまた開けることは出来ますか

A.はい出来ます。術後1、2ヶ月以降にあけることをオススメします。治療した患者さんのうち半数くらいの方がまたピアス開けていかれます。

Q.同じような患者さんは多いですか

A.耳垂裂だけで2013年は270件、2014年は310件、2015年は300件の手術を行いました。

Q.当日から髪の毛が洗えますか

A.はい洗えます。シャワーも可能です。絆創膏を外し、キズもキレイに洗って下さい。湯船で暖まるのは3日目以降にしてください。

Q.軟骨が切れているようなのですが治りますか

A.多くの方は耳たぶにピアスをあけるので、耳たぶの手術のほうが多いですが、耳の横にピアスをあけている方もいます。そのピアスにより耳が切れると軟骨も一緒に切れていることがありますが、手術できれいに治すことが出来ます。

Q.妊娠、授乳中でも手術は可能ですか

はい。手術をされる方もいらっしゃいます。無理のない範囲で対応させていただいておりますので、事前にお伝え下さい。

手術について詳しくは院長のブログ『ピアスのトラブル:切れ耳、耳垂裂』をお読みください

その他ご質問があれば、診察時にお気軽に声をかけて下さいね。

イメージ 1

  治療前

       ↓  

イメージ 2

  術後半年

神楽坂肌と爪のクリニックhttp://www.hadatotsume.com

神楽坂肌と爪のクリニック 皮膚科|形成外科|腫瘍皮膚科|美容外科|美容皮膚科
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂2-12-15 さわやビル2F
予約制03-3513-8212
●終日診療 △午前の部のみ診療 -休診
【平日】10:00~13:00/14:00~19:00
【土曜日】9:30~12:30/13:30~18:30
  日祝
院長野田 弘二郎
副院長野田 真喜(女性)
川原﨑医師(女性・皮膚科専門医)
Access
◆JR総武線
「飯田橋駅」西口臨時出口より徒歩4分
◆東京メトロ有楽町線、東西線、南北線
◆都営大江戸線
「飯田橋駅」B3出口より徒歩2分
◆東京メトロ東西線
「神楽坂駅」神楽坂口より徒歩7分
◆都営大江戸線
「牛込神楽坂駅」A3出口より徒歩5分
このページの上へ