各種健康保険・労災指定医療機関

神楽坂 肌と爪のクリニック

  • 「飯田橋駅」より徒歩2分
  • 予約制03-3513-8212

ピアストラブル

裂け耳、耳切れ、切れ耳 当院の耳垂裂(じすいれつ)治療のご案内

当院の耳切れ手術3つの特徴

  1. 1. 手術 保険の適用保険が使えるので手術代9,960円~29,880円(自己負担1~3割の場合)
  2. 2. 術式 W形成術顔の傷跡修正にも用いられるW形成術を採用しています。
  3. 3. 即日対応 当日予約も対応初診当日に手術が受けられるので遠方にお住まいの方、お急ぎの方も治療可能です。

裂け耳、耳切れ、切れ耳 耳垂裂とは?

裂け耳、耳切れ、切れ耳 耳垂裂の写真

ピアス穴がだんだん長く伸びていき、ついには耳たぶが裂けてしまった状態のことを言います。生まれつきの場合もあります。

突然ピアスがキャッチごととれてビックリ!耳垂裂はほとんどこうして気づかれます。ピアスをあけた自分が悪いからとあきらめてしまったり、救急外来や不慣れな美容外科で縫合してもらい、耳がズレてかえってキズ跡に悩む人もいます。

耳垂裂でお悩みの方、一度ご相談下さい。
健康保険が使える日帰り局所麻酔手術で、1ヵ所15分ほどで治療完了。

耳垂裂、当院での治療の流れ

ご予約、診察と説明、局所麻酔、手術 ご予約、診察と説明、局所麻酔、手術 抜糸、経過観察、その後の経過 抜糸、経過観察、その後の経過

耳垂裂の術式

直線法

裂けた線に沿って皮膚を切り単純に縫い合わせる方法。簡単なので大学病院研修中などのビギナー医師でもできますが、縫い合わせた部分がひきつれてくびれができてしまうため仕上がりが悪いのが欠点。

Z形成術

耳たぶの縁の部分で跡がZ型になります。代表的な術式で私が大学病院で後輩医師に指導していた術式でもあります。ひきつれがおきないのでくびれができません。
ただし、多くの症例を経験するうちに微妙な歪みが気になるようになり、高度な変形ではどうしても無理が出てくるため次のW形成術に進化しました。

<当院の手術方法>
W形成術(三角弁法)

W形成術(三角弁法)のイラスト

耳たぶの縁の部分で跡がW型になるのでこう呼ばれますが、実際に跡が見えるわけではありません。一見Z形成術と同じに見えますが立体的な歪みが生じない、長さを常に正確に合わせられるためZ形成術より仕上がりが更に良いのが特徴。
また裂け目の前後で厚みが異なるケースや拡張など高度変形にも柔軟に対応できるので専門的に耳垂裂手術を行う医師向きの術式です。

どの方法でも耳たぶに麻酔薬注射する時に多少の痛みがありますが、手術中は全く無痛で術後の痛みもほとんどありません。一週間後に抜糸をしますがこれも痛くありませんのでご安心を。
ピアス穴は残す場合と落ち着いてから開け直す場合がありますが開け直すほうがトラブルが少ないのでそちらをお勧めします。

費用について

健康保険が使える手術です

健康保険が使えますので手術代 9,960円~29,880円( 自己負担1~ 3割の場合) です。
他に診察料、処方料が千数百円かかります。
各種健康保険を扱っておりますが生活保護の医療証はお使いいただけませんのでご了承下さい。
またお支払いにはクレジットカードは使えませんので現金でご用意下さい。
尚、当院の隣のコンビニにATM もございます。

痛みと日常生活の制限について

耳たぶはもともと鈍感な部分です。麻酔注射が多少痛む程度で、手術中は全くの無痛、術後の痛みもほとんどありません。
もちろん痛み止めも処方いたします。手術当日から日常生活はほぼ通常通りでシャワーやシャンプーもOKです。
ただし術後3日間は湯船につかる(温泉、サウナなども)、飲酒、運動が禁止となりますのでこうした予定は避けて下さい。

随時治療受け付け中!

予約枠に空きがあれば当日予約、当日手術も可能です。診察と説明だけもできますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ご予約・お問い合わせフォーム ≫

耳垂裂手術のご予約は曜日、時間帯に関わらず受け付けておりますのでご都合の良い時間帯をご指定下さい。
枠に空きがあれば当日のご予約も可能です。準備の都合上、予約の際に必ずどこ(例えば右耳が2カ所切れているとか、両耳など)が切れているのがお申し出下さい。

神楽坂肌と爪のクリニック 皮膚科|形成外科|腫瘍皮膚科|美容外科|美容皮膚科
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-12-15
さわやビル2F
予約制03-3513-8212
●終日診療 △午前の部のみ診療 -休診
【平日】10:00~13:00/14:00~19:00
【土曜日】9:30~12:30/13:30~18:30
  日祝
院長野田 弘二郎
副院長野田 真喜(女性)
川原﨑医師(女性・皮膚科専門医)

※2017年7月28日より副院長外来(火、木、土の午前の部)を当面休診とさせていただきます。その間は院長の代診となります。
再開は現在の所未定です。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

Access
◆JR総武線
「飯田橋駅」西口臨時出口より徒歩4分
◆東京メトロ有楽町線、東西線、南北線
◆都営大江戸線
「飯田橋駅」B3出口より徒歩2分
◆東京メトロ東西線
「神楽坂駅」神楽坂口より徒歩7分
◆都営大江戸線
「牛込神楽坂駅」A3出口より徒歩5分
このページの上へ