痛くない巻き爪治療「マチワイヤー法による切らない巻き爪矯正」

ホーム > 診療内容 > 巻き爪治療の特徴

診療内容

巻き爪矯正とは?

変形した巻き爪に少しずつ力を加えながら形を整えていく、歯の矯正のような方法です。メスを使うことなく痛みを取り除き、変形を治すことが出来ます。代表的な方法としてマチワイヤー法、VHO法、クリップ法、BSブレイス法(BSスパンゲ)などがあり、当院ではそれら全てを行っております。一番人気があるのはマチワイヤー法で、国内でもっとも普及している矯正法です。
その特徴は、

他の方法、例えばBSブレイスは圧着する時に多少痛みがあり、構造上どうしても矯正力がかなり弱く、また外れやすいといった欠点があります。クリップ法は通院が不要というメリットがありますがやはり矯正力が弱い。当院では患者さんの巻き爪の状態、ご希望に応じて最適な治療法を提案いたします。

マチワイヤー矯正治療費

巻き爪矯正は国の規定により健康保険を使うことができませんので全額自費となります。マチワイヤー法の場合、通常半年間に4回ワイヤーをつけます。半年間の治療費の合計は35500円(診察料や材料費など全ての費用を含む)。1ヶ月あたりにすると6000円弱とネイルサロンでの治療と大差ありません。両方の親指の場合は半年間で28000円追加となり、両方の親指を同時に矯正するとひと月あたり1万円強かかります。

治療の流れ

治療の流れ

  1. 矯正前

    矯正前

  2. 爪に精密ドリルで穴開け

    爪に精密ドリルで穴開け わずか数秒。
    痛みは全くなく、もちろん麻酔も不要。

  3. ワイヤーを穴に通して短くカット

    ワイヤーを穴に通して短くカット ワイヤーの端が刺さったり、飛び出して靴下に引っかかることはありません。

  4. ワイヤーを固定

    ワイヤーを固定 接着剤を塗りLEDライトをあてるとわずか15秒で固定完了。
    すぐに靴下がはけます。

  5. 矯正後

    矯正後 ワイヤーの作用により巻き爪の食い込みが和らぎ、
    矯正直後~数日で痛みはなくなります。

ワイヤー矯正よくあるご質問

当院の巻き爪ワイヤー矯正治療、10の特徴当院の巻き爪ワイヤー矯正治療、10の特徴

特徴1. 深爪でもすぐに巻き爪矯正治療が始められます

深爪でも豊富な経験と高い技術力でカバーします

マチワイヤー最大の欠点は深爪だと巻き爪治療ができないこと。ワイヤーをつけるために爪がある程度伸びている必要があるのです。ところが巻き爪の痛みのために深爪にしている患者様が多いのです。痛みが辛くて病院に駆け込んでも2ヶ月後に爪が伸びてから出直してくるように言わることも多く、その間はお薬だけで痛み耐えることになるのです。当院なら豊富な経験と高い技術で他院では治療を断られてしまうほどの深爪でもすぐに矯正を始められます。もし難しい場合でもアクリル樹脂を使って爪を延長(アクリルエクステンション法)可能。 さらにVHOワイヤーやB/Sブレイスなど短い爪にも対応できる方法を選んでいただくことも可能です。爪を短いことを理由に他院で治療を断れてしまった患者様でも、当院ではほとんどの場合、問題なく矯正を始められます。また炎症が強く矯正が難しい場合でも麻酔をして爪を切り、一時的に痛みを楽にする処置も行っておりますので出直していただくと言うことはありません。

特徴2. 厚い、硬い爪でも短期間でらくらく矯正

独自の技術(シンニング、べべリングテクニック)

爪の分厚く硬い患者様の場合、巻き爪の矯正が進まずなかなか痛みが取れなかったり、治療期間が非常に長くなり治療費がかさむことがあります。 当院なら特殊な技術(シンニング、べべリングテクニック)で爪を部分的に加工することで矯正に適した厚さ、硬さにすることが出来ます。これにより治療期間、費用を大幅に節約することが出来ます。別途費用負担はなく、施術による痛みもありません。

特徴3.矯正中の靴やスポーツの制限はありません

ネイルジェルによる美しく快適で強固な固定

多くのクリニックでワイヤー矯正治療中のスポーツは禁止されます。衝撃によりワイヤーが取れやすくなるからです。その理由の一つがワイヤー固定に使われるのは接着剤(アロンアルファ)。この接着剤は湿気と衝撃に弱いという欠点があり、蒸れやすくぶつけることも多い足指には不向きなのです。また柔軟性に欠け、ザラザラして引っかかりやすく、白く濁って見た目が悪いという欠点もあります。 当院ではネイルサロンなどで広く普及している安全で強度と柔軟性に優れたソークオフジェルを使っているのでこうした接着の欠点を克服しています。最新のLED硬化ジェルを採用し、硬化にかかるのはわずか10秒。気になる紫外線の影響もありません。これ以外にも当院では様々な独自の工夫することで矯正中のハイヒールやスポーツなどの制限を設けておりません。当院の患者様にはマラソンランナー、プロバレリーナ、幕内力士などといった足への負担の特に大きい方も多くいらっしゃいますが、それらを中断することなく治療を行っています。

特徴4.高度な変形や親指以外の巻き爪治療にも対応します

症状にあわせてワイヤー選択と装着位置を決定。親指以外も矯正可能

変形が強いため他院で矯正を断られた、矯正を受けたがまったく変化がなかったという方もいらっしゃいます。そうした方も適切な矯正を行えば矯正出来ないことはまずありません。マチワイヤー矯正で重要なことは、適切なワイヤー選択と装着位置の決定です。当院では膨大な治療経験から得たノウハウで患者様1人1人の爪に最適な矯正を行います。爪の厚さ、硬さ、変形の程度、お仕事やスポーツ趣味などの社会環境を考慮して太さや特製の異なる6種類のワイヤーから最適なもの選択し、最短期間で効率よく、そして安全に矯正するために最適なワイヤーレイアウトで矯正を行います。また高度な変形や親指以外の巻き爪治療、さらには手の巻き爪治療にも対応することが可能です。

特徴5.ネイリスト常駐だからペディキュアジェルも同時に楽しめます

巻き爪にも詳しい医療ネイリストが常駐しています

日常的にペディキュアジェルをしているので巻き爪治療中も続けたい、あるいは夏場サンダルを履く時期に矯正ワイヤーが見えてしまうのが気になるという患者様には院内に併設された医療ネイルサロンでペディキュアジェルの施術も行っております。爪の病気にも詳しい経験豊富なネイリストが施術いたします。ペディキュアジェルと巻き爪矯正を同時に行うと美しい見た目だけでなく、ワイヤーが取れにくくなるというメリットもあります。医師がワイヤーと装着した後、巻き爪治療にも経験豊富な医療ネイリストが爪の長さを整え、ケア、ジェル施術を行います。ワイヤー交換とペディキュアジェルのせかえは同時に出来ますので通院の手間もありません。

特徴6.爪が欠けてもそのまま治療継続できます

他院にはない高い爪補修技術

ワイヤー治療は矯正中に爪に強い負担がかかるため爪が薄い方や硬い方では爪が欠けたりヒビがはいってしまうことがあります。その場合、他に穴を空ける場所がなければ治療を中止しなくてはなりません。 当院ならあらかじめ爪をジェルやアクリル樹脂で補強しておくことで欠けやヒビを防ぐことができます。また、たとえ欠けてしまってもその場で補修出来ますので中断することなく治療を続けることが出来ます。

特徴7.爪白癬(爪水虫)合併でも治療期間を大幅短縮

爪白癬は飲み薬だけでなく、塗り薬でも治せます(健康保険が使えます)

爪が白く濁り厚くなる爪白癬(爪の水虫)は巻き爪に合併することもあります。また実は矯正中は爪白癬に移りやすいのです。当院はネイルサロンや整骨院と異なり水虫の予防、治療のエキスパートでもありますから、患者様お一人お一人に病院ならではの医療滅菌された清潔な機材を使って治療を受けていただくことが出来ます。また診察時に爪白癬が疑われた場合、ただちに検査を行い、菌が見つかった場合は矯正と同時に爪白癬治療〔健康保険適応〕も並行して行うことができます。爪白癬の治療は3-6ヶ月間の内服療法が基本ですが、最近では身体への負担がなく効果も優れた外用液がありますのでそちらを選んでいただくことも可能です。爪白癬は治療方法に関わらず完治に一年程度、巻き爪矯正治療は半年程度かかりますが当院なら同時治療で治療期間を大幅に短縮することが出来ます。

特徴8.手術も含む豊富な治療法からご希望の治療法を選べます

ガター法、B/Sスパンゲ、VHO法など

巻き爪の悩みを病院で相談したけど納得できる選択肢がない。そんなことありませんか?変形や症状が様々な巻き爪をたった一つの治療法で全てカバーすることはそもそも不可能なのです。 当院ならマチワイヤー矯正以外にも巻き爪の症状、爪の状態、ご予算、用途、ご希望に応じて以下のような多くの種類の治療法を行っています。内服・外用法、テーピング法、コットンパッキング法、ガター法、ガター法+アクリル樹脂、巻き爪クリップ樹脂ブレイス(B/Sブレイス、B/Sスパンゲ)、形状記憶合金ブレイス(マチプレート、オニクリップネイルシステム)、VHOワイヤー法、インベントワイヤーなど。爪の状態について医師と相談しながらご希望に応じた最適の治療法をお選びいただけます。また健康保険が使え、再発にも強い日帰り手術も多数の施術実績がございます。

特徴9.他院で矯正治療が上手くいかないケースもお任せ下さい

あなたの巻き爪矯正ワイヤーは正しく装着されていますか?

当院の患者様には、当院来院の前に他の医療機関で巻き爪治療を受けたが改善しなかった方が多くいらっしゃいます。患者様は自身に爪に問題があると考えいらっしゃる方も多いのですが、中には不適切なワイヤー施術によるものも見られます。実は巻き爪矯正治療は十分に確立された治療とは言えず、医師向けの教科書というものも存在しません。そのため各医師がそれぞれの経験の元に治療を行っており、その技量のレベルには大きな差があるというのが実態なのです。当院では他院で治療がうまくいかなかったケースでもワイヤーの入れ直し、治療継続を承っております。

特徴10.再発予防のためのしっかりとした対策、各種指導をいたします

矯正治療で大切なのは再発対策です。

痛みも日常生活の制限もなく快適に治療出来る巻き爪矯正治療ですが、根治手術と比べると再発に弱いという欠点があります。そもそも巻き爪を発症する背景にはファッション、仕事や生活習慣、歩く時の姿勢、足や指の形、爪の切り方など、治療とは直接関係のない要因が多くあり、治療と同時にそれらが改善されるべきなのです。患者様にもよりますが、仕事やファッションなどは改善が難しい場合もあるようです。当院では巻き爪矯正治療後にはこれらの改善指導を行い、再発を予防するマニュアルをお渡しします。また場合によってはクリップ矯正などの積極的な対策を行います。再発時には手術への変更、矯正再開などを行いますが、再発を繰り返して治療が長期にわたる患者様には治療費の割引制度もございます。

ご案内

  • 巻き爪治療は医療行為です。ネイルサロンや整骨院などでの医師以外による施術は医師法により厳に禁じられています。患者様ご自身の安全のためにも必ず医療機関でご相談下さい。詳しくは所轄の保健所にご相談下さい。
  • 本文、写真の無断転載は厳に禁じます。医師による追試は歓迎しますが、学会等での報告や出版の際には必ず事前にご相談下さい。

ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせ

巻き爪ワイヤー矯正のよくあるご質問

本当に痛くないですか?
熟練した医師が治療しますので痛くありません。他の病院で痛くされて辛かったという方もご安心下さい。
ネイルサロンや巻き爪治療院と同じ治療ですか?
いいえ。ワイヤー矯正は ネイルサロンなどの治療と比べて痛みの取れるまでの期間が短いのが特徴です。もちろんご希望があればネイルサロンや治療院でやっているBSブレイス(BSスパンゲ)の治療も選択可能。当院ではBSブレイスの枚数に関わらず指1本6000円ですのでお得です。ただし、ワイヤーと比べて効果がかなり劣りますので、当院では主に爪が非常に薄い方や手の巻き爪対して行っております。
尚、日本国内では「爪の痛みに対して矯正を含めた治療を行うこと」は医師のみに認められています。ドイツのライセンスがあるから大丈夫という業者がいると聞きますが、もちろん日本では「日本の医師免許」が必要です。違反すると医師法により厳しく罰せられます。巻き爪治療業者の方でご不安な場合、お近くの保健所に問い合わせてみることをお勧めします。
ワイヤーをつけるのに時間がかかりますか?
5分ほどです。他の病院では30分かかったという話しも患者さんから伺いますが、当院では熟練した医師が行いますので、初診説明とワイヤー施術の全部でも15分程度で終わります。
巻き爪の痛みは治療後すぐ取れますか?
はい。直後から全くなくなる方もいらっしゃいます。通常数日以内に痛みがなくなります。
片足の親指の場合、初回の費用はいくら用意したら良いですか?
13000円+税です。内訳は初診料が3000円、施術料が1万円。説明だけご希望の場合は保険初診料¥850のみです。
矯正治療の費用は合計でどのくらいかかりますか?
矯正は通常半年間行いますが、その間の治療費の合計は35500円(診察料や材料費など全ての費用を含む)です。1ヶ月あたりにすると6千円弱のご負担になります。
他の病院で矯正中ですが良くなりません。診てもらえますか?
はい。ワイヤー矯正は施術する医師の技量、経験により効果に大きな差が出ます。他の病院で矯正を受けて良くならない場合でもあきらめる必要はありません。
他の病院でワイヤーを入れてもらったら靴が履けなくなりました。診てもらえますか?
はい。よくある相談です。他院で入れたワイヤーの入れ方に問題があって、靴が履けない、痛みが取れないなどの場合、当院でワイヤーのやり直しを承ります。
ネイルサロンでBSブレイスで治療していますが痛みが取れないのですが?
BSブレイスは圧着する時に多少痛みがあり、構造上どうしても矯正力がかなり弱く、また外れやすいといった欠点があります。よりワイヤーを使って矯正することで痛みが取れることがほとんどです。当院では患者さんの爪の状態、ご希望に応じて最適な治療法を提案いたします。
再発することがありますか?
あります。当院の場合、矯正を受けた患者様の概ね2割が再矯正を希望して来院されています。再発を防ぐために矯正後に十分な対策が必要ですが、矯正終了時に詳しく説明いたします。
矯正期間はどのくらい必要ですか?
当院では6ヶ月行っています。実は矯正期間に特に決まりはなく病院によって異なります。一番短いところで1か月、長いところは1~2年。巻き爪治療で有名なある病院では「ずっと」と説明されるそうです。医師のいない巻き爪治療院ではそもそも期間の説明はないそうです。矯正期間は短いと戻りやすく、長いと通院が続かなくなってしまうため当院では6ヶ月としています。もちろん希望により期間を変更することも可能です。
日常生活に支障はないですか?
ありません。ハイヒールを履いたり、旅行をしていただいたりすることもできます。モデルの方や頻繁に海外へいらっしゃる方でも支障ないと伺っております。空港セキュリティでひっかかることもありません。もちろん入浴も通常通りで結構です。
スポーツはできますか?
できます。当院の患者様にはプロのアスリートも多くいらっしゃいます。ワイヤーを入れたままフルマラソンを走った方もいますし、力士やバレリーナ、フラメンコダンサーなどの方も通常通りお仕事をしていただいています。もちろんプールもOKです。
地方に住んでいますが、治療してもらえますか?
できます。1.5~2ヶ月おき程度の通院ですので地方、あるいは海外からも通院されている患者さんがいらっしゃいます。
ワイヤー矯正は初診当日にしてももらえますか?
はい。ほとんどの患者さんが初診当日に施術を受けられます。処置の時間は数分で痛みもありません。深爪であったってもほとんど場合矯正可能です。炎症がある場合はおちつくまでお待ちいただくか、他の方法で治療をすることが可能です。
爪が短くても矯正出来ますか?
できます。爪が極端に短く、他院で断られるような状態でも当院では熟練の医師による施術のためほとんどの場合当日矯正が可能です。
マニキュアやジェルがついたままでも矯正してもらえますか?
可能です。のせたばかりのジェルなのでそのまま矯正したいという御希望は多くあります。ただし爪にヒビがあったりしてもわかりにくいので落としてから来院されることをお勧めします。当院でもオフできますが別途費用がかかること、場合によって待ち時間がかなり長くなることもあることをあらかじめご了承下さい。
矯正中にマニキュアやジェルはできますか?
できます。ワイヤー固定に使用する紫外線硬化樹脂はマニキュアラッカー耐性ですし、10日に一回程度の除光液の使用にも耐えます。また院内のネイルサロンでペディキュアジェルも施術いたします。ワイヤー交換とペディキュアジェルの塗り替えのインターバルがほぼ同時なのでワイヤー入れ換えの際にジェルを塗り替えます。デザインやカラーを選ぶことでワイヤーが目立たなくなり、またジェルによりワイヤー固定が更に丈夫になるというメリットもあります。
ワイヤーを自分で外すことが出来ますか?
はい。ワイヤーは爪の穴に通してあるだけなので、固定ジェルをとればワイヤーを引き抜くだけで外せます。ワイヤーは非常に硬い素材なので爪切りなどを使用した場合は刃が欠けて使えなくなってしまうのでご注意下さい。
ワイヤーが外れてしまうことがありますか?
あります。足を踏まれたり、爪がもろかったりすることではずれることがあり、全体の5%程度です。2週間以内にはずれた場合は理由を問わず無料でいれかえます。それ以降も再診料のみで入れ替えいたします。取れるたびに費用がかかることはありません。
ワイヤーが外れた場合自分でつけることができますか?
いいえ、ワイヤーはつけ外しは出来ません。矯正中にワイヤーが外れてしまった場合には来院していただく必要がございます。ご自身でつけ外しの出来るクリップタイプの矯正器具もあり、通院の難しい方に好評いただいております。
足の親指以外も矯正出来ますか?
できます。当院では手足どの指でも矯正が可能でまた実績もあります。
クレジットカードでも支払いできますか?
できます。ダイナーズを除くほぼすべてのカードがご利用いただけます。また隣接するコンビニエンスストアのATMもご利用いただけます。但し保険診療については現金でのお支払いとなります。

ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせ

PAGE_TOP