miraDry 切らないワキガ、ワキ汗治療 従来のわきが・多汗症治療の心配や不安な部分の多くを改善した新たな治療法です。切らないワキガ、ワキ汗治療

ホーム > 診療内容 > miraDry

診療内容

miraDry:長期間の効果・傷のない治療・治療後でも日常生活が可能・切らない(非侵襲的)

従来のわきが・多汗症治療の心配や不安な部分の多くを改善した新たな治療法です。

当院でミラドライ治療受けていただく
3つのメリット

  1. point1ミラドライ公式認定医だけが施術するから安心!

    独自のナビゲーションシステムにより、誰でも精密な照射が行えるミラドライですが、やはりトレーニングを受けた熟練の医師による施術が安心です。一部のクリニックのような看護師による施術は当院では絶対に行いません。

  2. point2独自の2パス照射で治療効果が更に高い!

    メーカー推奨の標準プロトコル(施術手順)にはない、独自の照射法を行っています。これは全域照射後に汗の特に多い部分を中心に2回目の重ね打ちをする方法。治療効果が高いため一部のクリニックで採用が始まっていますが、当院ではこの方法を標準としており追加料金はいただきません。

  3. point3痛み対策で快適治療!

    ミラドライ照射はそれ自体は痛くないとはいえ、麻酔の痛みが少しあります。当院ではゲートキーパー理論に基づくペインコントロール機器を使用、標準では手薄になりがちが部分へあらかじめの追加麻酔、ストレスボールほか快適に治療を受けていただくための痛み対策に特に力を入れています。

ミラドライ

ミラドライの特徴

ミラドライは皮膚を切ることなくわきが・多汗症治療を行う先進の施術です。 マイクロ(電磁)波エネルギーを利用して、汗腺(水分子)をターゲットとし、わきが・多汗症の原因であるアポクリン腺、エクリン腺の機能をなくしていきます。 失われた汗腺は再生しませんので手術同様、長期間の効果をもたらします。

特徴1切らない(非侵襲的)
切らないことで合併症などのリスクが大幅に減り、安全性の高い治療を受けていただけます。また、厳格な臨床試験及び病理学的研究で成果が認められています。米国FDA(FDA 510k Clearance)を取得しています。
特徴2傷のない治療
ミラドライでは皮膚表面を切らないので、傷痕が残らず審美性を維持できます。
【施術時間】 片側約20~30分、合計約60分程です。
特徴3長時間の効果
外科的手術と同じく長期間の効果が期待できます。
効果も治療終了直後から実感していただけます。
特徴4治療後でも日常生活が可能
術後、腫れが見られますが日常生活も可能です。
ただし治療当日の運動や入浴は控えていただくことになります。

効果のメカニズム

  1. わきが・多汗症の原因である「アポクリン腺」「エクリン腺」が集中する層へマイクロ波を照射します。1 わきが・多汗症の原因である「アポクリン腺」「エクリン腺」が集中する層へマイクロ波を照射します。 冷却されている表皮から真皮は抵抗が少ないので、エネルギーがより深部へ。
  2. マイクロ波の周波数は、エネルギーが真皮を通過しやすく皮下脂肪で抵抗を受けるものが選択されています。2 マイクロ波の周波数は、エネルギーが真皮を通過しやすく皮下脂肪で抵抗を受けるものが選択されています。 このため、皮下脂肪層と真皮の境界にエネルギーが蓄積されることになります。 そしてエネルギーは汗腺に吸収されていきます。 ミラドライシステムは熱の及ぶ深さと照射幅を最適化するように設計されています。
  3. ミラドライの冷却システムは、ハイドロセラミック・クーリングによって表皮から真皮にかけて冷却していきます。3 ミラドライの冷却システムは、ハイドロセラミック・クーリングによって表皮から真皮にかけて冷却していきます。 この冷却によって表皮部分は熱から保護されます。 皮下脂肪層の抵抗と表面からの冷却によって、熱の影響は汗腺があるエリアに集中して、脂肪層より深部への著しいダメージはありません。

施術の流れ

施術箇所のマーキング→局所麻酔→ミラドライ照射

  • わきのサイズ、発汗する場所、体毛の位置を参考に個々に適したマーキングをテンプレートを用いてつけていきます。施術箇所のマーキング
  • わきの複数個所へ麻酔注射をします。 およそ10分ほどで効果が現れます。局所麻酔
  • 片側約20分ほどが目安となっています。 麻酔と冷却機能により痛みを感じることはほとんどなく、わきが・多汗症の原因である汗腺を治療していきます。ミラドライ照射

他の治療方法との比較

治療方法

チェック項目

手術 miraDry ボトックス注射
傷跡の有無 有り 無し 無し
効果 永続的 永続的 3〜12ヶ月
わきが治療として 有効 有効 有効
多汗症治療として わきには不向きな場合も 有効 有効
日常生活の影響 2・3日の安静が望ましい 問題なし 問題なし
治療時間 1時間以上、 4時間のケースも 約1時間 約30分前後

【利用できないケース】

  • 電子機器を埋め込んでいる方(ペースメーカーなど)
  • 酸素投与している場合
  • 局所麻酔で問題の起きた方
  • 他の疾患で併発している方

【延期もしくは中止するケース】

  • 妊娠中
  • 免疫力の低い状態
  • 極端に凹凸がある場合
  • 治癒過程の妨げとなる薬を服用している場合
  • 以前受けた治療により腋窩部の皮膚構造(真皮や脂肪層の容態)が変わっている場合
  • 何らかの理由で、テンプレートを正確に転写できない場合

miraDryよくあるご質問

ミラドライ施術とはどのようなものでしょうか?
ミラドライは、安全性の高い施術法で、脇の下の発汗をかなり抑えることが臨床試験によって確認されています。施術は手早く、メスを使わず、大掛かりな設備を必要としません。ミラドライは、脇下の汗腺がある場所にコントロールされたエネルギーを伝達し、低侵襲に(皮膚を切らないで)汗腺を除去します。汗腺は一度除去されたら元に戻ることはなく、このためミラドライ施術によって、長期間において、脇下の汗を抑える結果となります。
ミラドライの施術中には何が起こりますか?
ミラドライは施術中は最適化する為にコンピューター制御されています。患者さんの不快感を除くため、施術の前に局所麻酔を行います。通常1時間で終了します。
ミラドライ施術の後はどうなりますか?
施術後に回復のためにお休みをとる必要はほとんどありません。施術後すぐに通常の生活に戻り、仕事を続けることができますし、数日のうちに運動を再開することができます。一部の痛みや腫れは正常の範囲内のことで、2-3週間の内に消えてなくなります。患者さんのなかには、一時的に脇下や上腕の皮膚に感覚の変化がみられますが、徐々になくなっていきます。気になることがあれば医師にご相談下さい。
どのような効果が期待できるでしょうか?
通常、施術直後から汗の減少を実感されています。3ヵ月以上の間隔をおいて2回の施術を行うことが、推奨されますので医師とご相談下さい。
ミラドライ施術後は腫れると聞きましたが?
通常1週間程腫れる事があります。脇の下が膨らんだり、でこぼこしたりしますが通常長い方で平均2~3ヶ月で消えます。※個人差があります。
ミラドライは汗をかくどの部分でも施術出来ますか?
ミラドライは成人の方のわきの汗を施術対象としています。
ミラドライは他の施術法とどう違うのでしょうか?
切らずに施術出来、直後から日常生活に戻れるのが特徴です。
ミラドライは痛いですか?
施術前に麻酔を行いますので施術中の痛みはありません。麻酔が切れてくると痛みが感じられますが、クーリングや痛み止めを服用する事により抑えられる程度の痛みです。医師にご相談ください。
施術後着用できない衣類はありますか?
麻酔注射による小さな跡が残るかもしれません。
手術後のように、包帯を巻くことはありませんので、着用する洋服に制限が出ることはありません。
ミラドライ施術を受けた後は入浴できますか?
ミラドライ施術後は身体の負担を考えてシャワーをあびる程度にしてください。
以前多汗症やわきが治療のために外科手術をおこなったことがありますが、それでもミラドライ施術を受けられますか?
外科手術の手法に応じて、医師がミラドライ施術に適しているかどうか評価いたします。
汗腺を物理的に取り除く手術を実施していた場合、ミラドライ施術はお勧めできません。
日本では、今までに何人くらいミラドライ施術をしていますか?
4000人以上の方が施術を受けられています。※2013年8月現在
わき毛は減りますか?
個人差がありますが、減少することがあります。
脱毛に通っていますが、施術できますか?
組織に炎症がある状態での施術はお勧めできません。ミラドライ施術の前後3ヶ月は期間をあけて下さい。

治療費用について

miraDry 1年間保証付きプラン(再照射一回分を含む) ¥450,000
通常プラン ¥350,000
特別のモニタープラン(いくつかの条件があります) お問い合わせ下さい

(税込・全国統一料金)

ご予約・お問い合わせ

ミラドライについて

PAGE_TOP